FC2ブログ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/01/20 (Sat) 15:09
氏んでた

いやはやホントに久しぶりです。世の高校生達がセンター試験で苦しんでる中復活のウィンプです。
ホントに死んでました。具合悪すぎてPCにも模型にも触ることができませんでした。
もう(とういうか最初から)誰も見てないけど書くよ、僕は。

死んでる間も生活は普通にしてたのでサブカルはいろいろと。
っていうか音楽ばっかりなのでサブカルかどうかも怪しいけど。

2006年ウィンプは小金でCDをあほみたいに買い漁りました。
というわけで2006年ウィンプ的ランキング!!!!
ちなみにウィンプはオッサンくさいコメントばかりしてますがまだハタチです(笑)

1位:RADWIMPS
僕が2006年出会った音楽で一番衝撃を受けたのがこのアーティスト。
「レッチリmeetsバンプ」と某所で揶揄されたようにレッチリやOasisのようなオルタナティブロックにバンプのような詞とメロディーの美しさを併せ持つバンドです。その上マシンガンラップまでこなす、貪欲なミクスチャーバンドの方が正しいかも。
これだけなら在り来りなんだけど、僕を惹きつけたのは「中毒性」かな。BECKやレッチリのように強烈なクセを持つ彼ら。Vocalの野田氏自身の生涯BESTCDがスーダラ節、っていう所からの流れなんだろうけど。
賛否はさておき”新世代”の名に相応しいバンド。必聴!
オススメは・・・アルバム全部かな。
完成度で言えば「RADWIMPS3」が一番高いけど、面白みがあるのは「RADWIMPS2」です。

2位:BECK
うん、去年まで知らなかったんだ。すごいね。
ミクスチャー(というか全部やる人)としての完成度はRADWIMPSなんか比じゃない。彼の音楽も強烈な中毒性を持っています。

3位:The Format
誰?って思う人多いんじゃないでしょうか。事実身の回りでこのバンド知ってる人に出会った事ありません。
ジャケが可愛かったので買ってみたら・・。スゲェ!の一言。
一言で言えばビートルズとクイーンを足して2で割った感じ。
VOCALの美声に洗練されたパワーポップ。とってもキャッチー。
知らないはずなのに聴いていてどこか懐かしい。
日本人受けはよさそう。これからの活躍に期待。
オススメは「Dog Problems」。ジャケがとてつもなく可愛いからインテリアにでも(笑)
僕はTSUTAYA先行発売盤を購入したのですが近々日本版発売のようです。
知名度上がるといいね。

4位:Red Hot Chili Peppers
ご存知レッチリ。今年はデスノートとのタイアップで日本で大暴れしました。「Dani Calidornia」も「Snow」も珠玉の名曲で、ファンとしても大満足。ただ、デスノを機に彼らを知った人は「いけてるロックバンド」だと思うのでしょうが、彼らの真価とは稀代の変態であることなのです!(笑)
だっていい年こいたオッサンがチ○ポソックスだよ?(笑)
今度同じことやってUpしてやr(嘘)

5位:FLOW
BESTも出して乗りに乗っている彼ら。でも元々嫌いだったんだよね。
それがある朝から一変。とあるアニメのオープニングを聴いて「これすげぇいいな」と感じていると、そこにはFLOWの文字が。
「DAYS」以降のFLOWの進化っぷりは脅威です。ただ最近はちょっと洗練されすぎてる気がしてならないので、新旧入り混じったFLOWの最高傑作「DAYS」は是非聞いていただきたい。

6位:ELLEGARDEN
シングル、アルバムとも超強力な布陣の2006年。メロコア好きな人にとっては史上最強と言っても過言ではないバンド。
個人的には「Riot on the Grill」の頃が一番好きだけど。

7位:BUMP OF CHICKEN
今年はシングル「涙のふるさと」とDVD「人形劇ギルド」が発売。
どちらもどんな言葉でも表現できない感動モノのデキですが、
もっと活動してくれ(笑)

8位:Oasis
BEST盤も出たOASIS。来日してsmartのインタビューで「新世代バンドはカサビアン以外皆クソだな」って言い放っちゃたのは流石ギャラガーのなせる業(笑)
whateverはもうどのアルバムにも入らないのかな?

9位:U2
シングルBESTが出ました。以前出た2枚のBESTとどう違うんだ?って人は聴いてみて。オマケ?もなかなか良いし。
いやぁU2はいつまでも色褪せないね。

10位:My Chemical Romance
CDショップではシアトリカルな表現ばかりが褒められていますが、
単品の音楽としても妖しいばかりの美しさと激しさを持った傑作「Black Parade」聴いてみて欲しいです。

10位までつけてみたけど収まりきらなかった豊作
・Peter Bjorn And John
・Franz Ferdinand
・Arctic Monkeys
・jamiroquei
などなど

主に洋楽で大豊作な年でしたね。洋楽だけで30枚以上は軽く買ったのではないでしょうか。そんだけ惹きつけられるものが多かったね。
世の中はジェイムス・ブラントやダニエル・パウター、そんなノリでジェイムス・モリソンなど「ビューティフル・ソング」が大流行でした。
よく聴いてたし。ただ買ったときはこんなに流行るとは夢にも、ね。
流行ると嫌いになる」というウィンプの悪いクセが発揮されてオルタナティブロックに傾向してましたね。いや、おかげで色んな発見がありましたが。
スポンサーサイト

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。